サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたゴールだ。


2011年夏にアトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入したアグエロは、以降絶対的なエースストライカーとして君臨。ここまで公式戦379試合で256ゴールを決め、クラブ史に名を残す活躍を続けている。

圧倒的なパワーを活かした抜群の決定力を武器に得点を量産するアグエロだが、2019年8月31日に行われたプレミアリーグ第4節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦では、豪快なゴールを決めている。

2-0とシティリードの55分、ドリブルで相手陣内中央までボールを運んだDFオレクサンドル・ジンチェンコがボックス手前のスペースにいたMFダビド・シルバにパス。シルバがこのパスを素早く前線のアグエロに送ると、ファーストタッチでマークを外したアグエロが、ペナルティーアーク内から豪快なミドルシュート。右足から放たれたシュートは、カーブしながらもの凄いスピードでゴール右上のセーブ不可能なコースに決まった。

このゴールで試合を決定付ける3点目を挙げたシティ。終盤にももう1点を加え、4-0で快勝している。