ポルティモネンセに今冬3人目の日本人選手が加入することとなった。

ポルトガル『レコルド』によると、高校サッカー選手権で優勝を果たした山梨学院高校のMF広澤灯喜が、ポルティモネンセに加入することとなった。

広澤は、湘南ベルマーレの下部組織出身で、山梨学院高校へと進学。決勝の青森山田高校戦では、鋭いゴールで先制点を記録していた。

契約期間などは明らかになっていないものの、ポルティモネンセのメインスポンサーである株式会社セレモニーの志賀司 代表取締役社長のインスタグラムにも登場している。

なお、ポルティモネンセは今冬には柏レイソルからGK中村航輔の獲得を発表。また、クラブからは何も公式発表がなされていないものの、自身で発表したボタフォゴを退団したMF本田圭佑に続いて、3人目の日本人選手獲得に。現在はDF安西幸輝と合わせて、4名が在籍することとなる。