歴戦の名将であるカルロ・アンチェロッティ監督が、最高にクールな祝福を見せた。

アンチェロッティ監督が率いるエバートンは10日、FAカップ5回戦でトッテナムと対戦。試合は壮絶な打ち合いとなった。

ともにレアル・マドリーやチェルシーを率いた経験のあるジョゼ・モウリーニョ監督との名将対決に注目が集まった中、思わぬ打ち合いとなる展開に。90分を終えて4-4という稀に見る結果となった。

延長戦に入り決着をつけるなか、エバートンは延長前半の97分、ボックス手前でボールを持ったシグルドソンからの浮き球パスに反応したベルナールがボックス内でGKと一対一になると、左足の鋭いシュートを右隅に突き刺した。

シーソーゲームとなりかけたこの試合、このゴールが決勝点となり5-4でエバートンが勝利したが、そのゴールが決まった瞬間のアンチェロッティ監督の反応が話題となっている。

本来であればどっちに転ぶかわからない展開の中で決まったゴールであれば、どの監督もゴールを喜ぶはず。ガッツポーズをしたり、コーチ陣と抱き合ったりするだろう。

しかし、アンチェロッティ監督はその様子をしっかりと見ていながらゴールを決まると、片手に持っていた紙コップに「フーフー」と息を送り、特に喜ぶことなくベンチへと戻っていった。

アンチェロッティ監督の後ろでは、アシスタントコーチのダンカン・ファーガソン氏が飛び跳ねて喜んでおり、両者のギャップがまたなんとも言えない。

アンチェロッティ監督のこの反応は、歴戦の名将の余裕なのか、それともまだこの先にゴールが決まるということを想像してのものなのかはわからないが、クールな反応は大きな話題となっていた。

なお、試合後にアンチェロッティ監督は自身のツイッターで「信じられない…とても満足している」とつぶやき、勝利を喜んでいた。