コパ・デル・レイ準決勝1stレグのビルバオvsレバンテが11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

準々決勝でベティスをPK戦の末に下したビルバオと、ビジャレアルに勝利したレバンテの一戦。

試合が動いたのは26分、ポスティゴのパスを右サイドで受けたコケがワンタッチで繋ぐと、ボックス右横まで持ち上がったデ・フルートスがクロスを供給。これに反応したメレロのボレーシュートは空振りに終わるが、軸足に当たり絶妙なトラップとなったこぼれ球をメレロがゴール左に流し込み、レバンテが先制した。

1点を追うビルバオは、後半立ち上がりの49分に反撃。右サイドで獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、ワンバウンドしたボールをファーサイドの走り込んだラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKカルデナスのファインセーブに阻まれた。

同点のチャンスを逃したビルバオだったが、58分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ムニアインの右CKをニアに走り込んだイニゴ・マルティネスがヘディングシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。

その後、勝ち越しゴールを狙うレバンテは68分にデ・フルートスとロジェールを下げてロチーナとD・ゴメスを投入していく。

対するビルバオは、79分にビジャリブレを投入して試合を動かしにかかるも、互いに決め手を欠いてゴールは生まれず3月4日に行われる2ndレグに決着は委ねられることになった。