サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットがリヨン時代に決めたゴールだ。

名門リヨンのユース出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。エースとして活躍すると、2017年夏にアーセナルへの移籍を果たした。

リヨンでは公式戦275試合に出場し129ゴールを記録したラカゼットだが、2013年2月3日に行われたリーグ・アン第23節のアジャクシオ戦では、見事なゴールを決めている。

0-0で前半を折り返して迎えた53分、左サイドに抜け出したMFラシド・ゲザルがボックスにクロスを入れる。このボールに対し、ファーポストで待っていたラカゼットは、軌道を的確に読んで素早く後ろに下がると、落下点に入りボレーシュート。見事なミートから放たれた鋭いシュートはゴール左に決まり、見事な先制ゴールを決めた。

ラカゼットのゴールで先制したリヨンだったが、その後立て続けに失点を許し、1-3で敗れている。