その爆発的なスピードを武器に、一気に世界屈指のサイドバックへと成り上がったバイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスだが、日本代表MF堂安律もその餌食となった。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。

11日に行われたFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2020決勝でティグレス(メキシコ)に勝利し、史上2クラブ目のシーズン6冠達成を達成したバイエルンは、15日にブンデスリーガ第21節でアルミニア・ビーレフェルトと対戦。ビーレフェルトのMF堂安律は41分までプレー、MF奥川雅也はベンチ入りも出場機会はなかった。

堂安とマッチアップすることとなったデイビスだが、31分、驚愕のスピードを見せる。

前がかりになっていたバイエルンからビーレフェルトがボールを奪い、自陣からのロングボールが右サイドを抜け出した堂安へと送られる。攻撃参加していたデイビスはビーレフェルト陣内におり、堂安とは10mは離れていたが、一瞬でトップスピードに乗ると、やや大きくなったロングパスに堂安よりも先に余裕を持って追いつき、GKマヌエル・ノイアーへとバックパスしていた。

大雪の影響でライン際の除雪をするため二度の中断を余儀なくされるコンディションの中、『SPORTBIBLE』によると、この瞬間のデイビスは時速35.6kmを記録していたようで、そのあまりの早さに、サポーターからも「フェラーリみたい」「チートだ」「彼はカナダ人だから雪の上の走り方を知っている」とデイビスのスピードに驚愕する声が挙がっていた。

試合は、王者相手に善戦を見せたビーレフェルトが一時2-0とリードするも、後半にデイビスのゴールを含む3ゴールの反撃を見せたバイエルンが3-3の同点に追いついている。



チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
2/17(水)&2/18(木)の4試合は無料放送!
>>無料トライアルはこちら