2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。

昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。

そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。

第2弾は、昨シーズンのJ2で見事に優勝し7年ぶりにJ1へ復帰した徳島ヴォルティスを紹介する。

◆補強動向《C》※最低E〜最高S
【IN】
GK後東尚輝(18)←徳島ヴォルティスユース/昇格
DFカカ(21)←クルゼイロ(ブラジル)/完全移籍
DF鈴木大誠(24)←FC琉球/期限付き移籍満了
MF藤田譲瑠チマ(19)←東京ヴェルディ/完全移籍
MFクリスティアン・バトッキオ(29)←ブレスト(フランス)/完全移籍
MF大森博(18)←修徳高校/新加入
MF杉森考起(23)←名古屋グランパス/期限付き移籍→完全移籍
FW宮代大聖(20)←川崎フロンターレ/期限付き移籍
FW垣田裕暉(23)←鹿島アントラーズ/期限付き移籍延長
FW西野太陽(18)←京都橘高校/新加入
FW鈴木輪太朗イブラヒーム(18)←日大藤沢高/新加入

【OUT】
DF秋山拓也(26)→AC長野パルセイロ/完全移籍
DF奥田雄大(23)→いわきFC/期限付き移籍
DF久米航太郎(20)→ヴェルスパ大分/期限付き移籍
MF島屋八徳(32)→レノファ山口FC/完全移籍
MF表原玄太(24)→松本山雅FC/完全移籍
MF清武功暉(29)→FC琉球/完全移籍
MF梶川諒太(31)→東京ヴェルディ/期限付き移籍
MF森田凜(19)→奈良クラブ(JFL)/期限付き移籍
MF榎本大輝(24)→名古屋グランパス/期限付き移籍終了
FW押谷祐樹(31)→藤枝MYFC/完全移籍
FW武田太一(23)→AC長野パルセイロ/期限付き移籍
FW坪井清志郎(21)→アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)/期限付き移籍

昨シーズンはアビスパ福岡、V・ファーレン長崎とのJ1昇格争いを繰り広げ、シーズン終盤にもつれた中で見事に優勝。7年ぶりにJ1の舞台へと戻ってきた。

その徳島だが、チームを率いたリカルド・ロドリゲス監督が退任。浦和レッズの指揮官に就任し同じリーグで戦うこととなったが、指揮官がチームを去ったことはとても大きな影響があるだろう。

しかし、主力選手は軒並み残留を果たし戦力ダウンを逃れる結果に。17得点を記録したエースのFW垣田裕暉も鹿島アントラーズからの期限付き移籍期間を延長し残留することとなった。

その他、海外クラブからも注目を集めていたMF藤田譲瑠チマを東京ヴェルディから獲得。また、世代別のイタリア代表経験者であるMFクリスティアン・バトッキオ、センターバックにはクルゼイロからDFカカを獲得し、若手をメインに着々と補強を進めた。

ただ、チームの一番の悩みは、リカルド・ロドリゲス監督の後任となるダニエル ・ポヤトス監督が来日できていないことだろう。日本政府の外国人入国制限措置により、開幕に間に合わないことが確定。指揮官不在の中でどう戦っていくのか注目が集まる。

◆目標:J1残留
©J.LEAGUE
過去に例のない4チームが自動降格となる厳しいシーズンとなり、昇格組としては非常にタフな1年となるだろう。

特に、前述の通りポヤトス監督が不在の状況が続いたまま開幕を迎えることは大きな誤算だったと言える。主力選手が変わらず、チームを知る甲本偉嗣コーチが指導をしているものの、1試合1試合が非常に大事になる今シーズンでは、スタートでの躓きは禁物だ。

ビルドアップをベースとした戦い方は継続されているものの、若干の変更がある様子。2CBの間にボランチが落ちて両サイドバックが高い位置を取るスタイルではなく、最終ラインにGKが加わってポゼッションを高めるスタイルのようだ。

5シーズン連続でキャプテンを務めるMF岩尾憲を中心に、まとまりを持ったチーム作りができるか。積み上げも多い中でも苦戦が予想される中、しっかりとスタイルを持って挑むことを忘れてはならない。

生きの良い若手、継続路線と監督不在でも形を作れている中での不安材料は経験値だ。主力選手でJ1の経験がある選手はほとんどおらず、J2とはまた違う戦い方が求められるリーグでの立ち振る舞いは気になるところ。エースの垣田裕暉がどこまでゴールを決められるのか。サバイバルとなるリーグで怯まないことが重要なカギとなりそうだ。

◆超WS編集部イチオシ新戦力
MF藤田譲瑠チマ(19)
©J.LEAGUE
編集部がイチオシしたい新戦力は、東京ヴェルディから加入したMF藤田譲瑠チマだ。

アンダー世代のホープとして多くの注目を集め、2020シーズンは東京Vで明治安田J2通算41試合に出場し3得点を記録。チームの屋台骨として1年間戦い抜いた。

J1クラブもこぞって注視していた中で選んだ移籍先は徳島と驚かされたが、J1の舞台でどこまで通用するのかは見もの。海外でのプレーも望んでいるだけに、ここでチームを支えるパフォーマンスを見せたい所だ。

豊富な運動量は1シーズン通して戦えることを証明。ボール奪取能力も高く、ポジション取りも高いセンスを見せる。攻守にわたってチームの中心となり得る藤田譲瑠チマに牽引され、徳島はJ1に定着することができるだろうか。

◆2021年期待のヒーロー
FW垣田裕暉(23)
©J.LEAGUE
前回のJ1昇格時は1年で降格の憂き目に遭ってしまった徳島。その中でも課題となったのは、やはり得点力だった。そんな中、チームが期待すべき選手は1人。エースの垣田裕暉しかいない。

鹿島アントラーズの下部組織で育った垣田にとっては、昇格1年目以来のJ1でのプレーとなる。

2017年から3シーズンにわたってツエーゲン金沢へと武者修行。レギュラーとして試合経験を積み、3シーズンで105試合20得点を記録すると、加入した徳島では全42試合に出場しチーム最多の17得点を記録。得点ランキング3位に入る活躍を見せた。

高さと強さ、そしてスピードも兼ね備えている垣田だが、J1のディフェンダー相手にどこまで通用するかは未知数。しかし、垣田がゴールを決めなければ、徳島の残留はないと言ってもいいだろう。

期限付き移籍期間も延長し、徳島でJ1にチャレンジする垣田。ヒーローになって大きく羽ばたくことができるのか、注目が集まる。