サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏がサンプドリア時代に決めたゴールだ。

ローマで大ブレイクを果たしたカッサーノ氏は、レアル・マドリーやインテルなどでプレー。その後はイタリア国内を渡り歩いた。

その特大のポテンシャルから天才とも謳われた才能の持ち主だったカッサーノ氏だが、サンプドリア時代の2010年10月17日に行われたセリエA第7節のフィオレンティーナ戦では、その片鱗を見せつけるゴールを決めている。

フィオレンティーナに先制を許しながらも、1-1とサンプドリアが追いついて迎えた82分、相手陣内右サイドでボールを持ったFWグイド・マリルンゴが、中央で裏へ走り出したカッサーノにパスを送る。

このパスを反転しながらのトラップで一瞬にしてマークを外したカッサーノは、そのままボックス内に侵入。ゴール前で相手DF2人がブロックに入ったものの、細かいステップとボールタッチでスペースを作り、右足でシュートを放つ。コースを読んできたGKの裏をかいたシュートはゴール中央に決まり、見事な逆転ゴールとなった。

試合はそのままサンプドリアが2-1で勝利している。