サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元クロアチア代表FWダヴォール・シューケル氏がレアル・マドリーで決めたゴールだ。

母国クロアチアで頭角を現したシューケル氏は、セビージャでブレイク。1996年夏にレアル・マドリーに引き抜かれた。1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)では得点王にも輝いた、“クロアチアの生ける伝説”だ。

1990年代後半のマドリーにおいて、公式戦111試合に出場し49ゴールという数字を残しているシューケル氏だが、1996年11月24日に行われたラ・リーガ第14節のバレンシア戦では、味方の華麗な連携からゴールを決めている。

バレンシアに先制されながらも、シューケルの2得点で逆転に成功したマドリーは60分、左サイドでMFフェルナンド・レドンドが相手からボールを奪うと、ショートカウンターを発動させる。

MFクラレンス・セードルフがノールック気味のヒールパスをオーバーラップするDFロベルト・カルロスに送ると、ボックス左に抜け出したロベルト・カルロスがグラウンダーのボールを入れる。ゴール前でフリーのシューケルがこのボールに滑り込みながら合わせ、ハットトリックを達成した。

試合はシューケルのハットトリックを含む4ゴールを挙げたマドリーが、4-2で勝利している。



チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら