リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンまでも負傷してしまった。

チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の6位リバプールは20日に行われたプレミアリーグ第25節で7位エバートンと対戦して0-2で敗れ、泥沼の4連敗。本拠地アンフィールドでも1923年以来のリーグ4連敗となり、連覇の可能性がより厳しくなってしまった。

さらに、主将のヘンダーソンは駒不足に陥るセンターバックの穴埋めとしてDFオザン・カバクとともに最終ラインの中央で先発したものの、30分に負傷交代。ユルゲン・クロップ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でヘンダーソンの状態を述べた。

「そけい部、内転筋を痛めてしまった。良くなさそうだ。他の部分に関しては明日にもわかるだろう」

多くのケガ人からギニア代表MFナビ・ケイタこそ復帰したものの、入れ替わるようにヘンダーソンが故障してしまったリバプール。精神的支柱までも失うとなれば、ドイツ人指揮官が頭を悩ませる日々から抜け出すのはまだまさ先になりそうだ。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら