インテル・マイアミが元イングランド代表DFライアン・ショークロス(33)の獲得を発表した。

ショークロスはマンチェスター・ユナイテッドのアカデミーで育ったセンターバック。アントワープでの武者修行を経て、2007年夏からストーク・シティにレンタル加入すると、2008年1月に完全移籍移行が決定した。

それ以来、ストークの一員として公式戦453試合に出場してDFリーダーに君臨。しかし、直近2シーズンはケガの影響もあって出番を減らして、今季も公式戦3試合の出場にとどまり、19日に契約解消が発表された。

そして、ユナイテッドOBであり、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは20日、ショークロスのフリー加入を発表している。

フィル・ネビル監督は「ライアンのことはマンチェスター・ユナイテッドのアカデミー時代から知っており、ストークでのキャリアも長らくフォローしてきた。インテル・マイアミがやろうとしていることにぴったりの選手だ」と期待した。

なお、インテル・マイアミにはフランス代表MFブレーズ・マテュイディ、元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインらも在籍している。