チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは21日、暫定監督を務めていたイングランド人のジョナサン・ウッドゲイト氏(41)が正式就任したことを発表した。契約は今季終了までとなる。

かつてエディ・ハウ監督の下、初昇格の2015-16シーズンから5シーズンに渡ってプレミアリーグに所属していたボーンマス。しかし、昨季に再び2部へ降格し、それと同時にハウ監督とも袂を分けていた。

今季からはジェイソン・ティンダル監督が率いていたが、今月3日にリーグ戦4連敗が引き金となり解任。暫定監督としてウッドゲイト氏が選ばれていた。

現役時代にイングランド代表で8試合に出場した同氏は、就任から公式戦5試合で3勝1分け1敗という成績を収め、FAカップ5回戦ではバーンリーを下して準々決勝へ進出。そしてこの度、正式に監督に就任した。

一説では、CFモントリオールで監督を務めるティエリ・アンリ氏や、昨年12月までニースを指揮したパトリック・ヴィエラ氏、そして昨年9月にシャルケを解任されたデイビッド・ワグナー氏が候補に挙がっていたようだが、クラブは41歳の新人監督に舵取りを任せたようだ。

かつてレアル・マドリーやリーズ・ユナイテッド、トッテナムでプレーしていたウッドゲイト氏は、2016年の現役引退後、リバプールでスペイン・ポルトガル担当スカウトを経て、2019年夏に古巣のミドルスブラで初めてトップチームを指揮。だが、新型コロナウイルスによる中断を挟んだ1年後の昨夏に、成績不振で解任されていた。

なお、ボーンマスは現在、自動昇格の2位と勝ち点差8の6位に位置している。