サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元イタリア代表MFアントニオ・ノチェリーノ氏がミラン時代に決めたゴールだ。

ユベントスユース出身のノチェリーノ氏は、国内の多くのクラブを渡り歩き、2011年夏にミランに加入。中盤の貴重な戦力として公式戦96試合に出場した。

ミランではMFながら13ゴールを記録したノチェリーノ氏だが、2011年10月26日に行われたセリエA第9節のパルマ戦では、豪快なゴールを決めている。

左サイド深くでミランがスローインを得ると、FWズラタン・イブラヒモビッチがボックス手前のノチェリーノにスローでボールを送る。ノチェリーノがボックス内にパスを入れるものの、相手がヘディングで跳ね返す。中途半端なクリアとなったボールを再びノチェリーノが拾うと、胸トラップでコントロールし、バウンドしたボールを左足でボレーシュート。完璧に芯で捉えたシュートはゴール左上に突き刺さった。

この試合ノチェリーノは、ハットトリックの大暴れ。4-1での勝利に大きく貢献した。

その後は国外でもプレーしたノチェリーノ氏だが、1月に34歳で現役引退を発表している。



チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら