2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。

昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。

そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。

第12弾は、昨シーズンの明治安田J1で9位に終わった2019シーズン王者の横浜F・マリノスを紹介する。

◆補強動向《C》※最低E〜最高S
【IN】
GK白坂楓馬(24)←Honda FC/完全移籍
GK寺門陸(18)←横浜F・マリノスユース/昇格
GK田川知樹(18)←興國高校/新加入
DF岩田智輝(23)←大分トリニータ/完全移籍
DF平井駿助(18)←興國高校/新加入
MF植田啓太(18)←横浜F・マリノスユース/昇格
MF南拓都(18)←興國高校/新加入
MF樺山諒乃介(18)←興國高校/新加入
FWエウベル(28)←バイーア(ブラジル)/完全移籍
FWレオ・セアラ(26)←ヴィトーリア(ブラジル)/完全移籍
FWンダウ・ターラ(21)←新潟医療福祉大学/新加入
FW前田大然(23)←松本山雅FC/期限付き移籍→完全移籍

【OUT】
GK寺門陸(18)→レノファ山口FC/期限付き移籍
GK白坂楓馬(24)→鹿児島ユナイテッドFC/期限付き移籍
GK原田岳(22)→V・ファーレン長崎/期限付き移籍
GK朴一圭(31)→サガン鳥栖/期限付き移籍→完全移籍
DF池田航(19)→カマタマーレ讃岐/期限付き移籍
DF生駒仁(21)→ギラヴァンツ北九州/期限付き移籍延長
DF西山大雅(21)→ラインメール青森/期限付き移籍延長
DF前貴之(27)→松本山雅FC/期限付き移籍→完全移籍
DF山本義道(25)→ジュビロ磐田/期限付き移籍→完全移籍
MF植田啓太(18)→栃木SC/期限付き移籍
MF松田詠太郎(19)→大宮アルディージャ/期限付き移籍
MF仙頭啓矢(26)→サガン鳥栖/完全移籍
MF椿直起(20)→メルボルン・シティ(オーストラリア)→/期限付き移籍
MF山田康太(21)→モンテディオ山形/期限付き移籍
MF吉尾海夏(22)→FC町田ゼルビア/期限付き移籍延長
MF泉澤仁(29)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き移籍→完全移籍
MF杉本竜士(27)→横浜FC/期限付き移籍→完全移籍
FW大津祐樹(30)→ジュビロ磐田/完全移籍
FWンダウ・ターラ(21)→FC町田ゼルビア/期限付き移籍
FW津久井匠海(18)→ラインメール青森/期限付き移籍
FWジュニオール・サントス(26)→柏レイソル/期限付き移籍終了
FWエリキ(26)→パウメイラス(ブラジル)/期限付き移籍終了
FWブラウンノア賢信(19)→水戸ホーリーホック/完全移籍
FW山谷侑士(20)→鹿児島ユナイテッドFC/期限付き移籍
FWエジガル・ジュニオ(29)→V・ファーレン長崎/期限付き移籍→完全移籍

再びJリーグのタイトルを目指すこととなる横浜F・マリノス。しかし、見てわかる通りチームから去って行った選手の数はどこよりも多い。

もちろん、若手の期限付き移籍という部分が大きいが、気になるのは2020シーズンから加入した選手が4名も完全移籍で去ることだ。

DF前貴之(→松本山雅FC)、DF山本義道(→ジュビロ磐田)、MF仙頭啓矢(→サガン鳥栖)、MF杉本竜士(→横浜FC)が去り、さらにはFW大津祐樹もジュビロ磐田へと移籍している。

また、昨シーズン13得点を記録したFWエリキは中国移籍のために退団。シーズン途中加入で13得点を記録したFWジュニオール・サントスもサンフレッチェ広島へと移籍し、26得点が失われることとなった。

計算できていた得点源を失った横浜FMが補強したストライカーは、ウインガーとしての評価が高いFWエウベスとかつてFC琉球でもプレーしたFWレオ・セアラの2名。その他、即戦力として期待できるのは大分トリニータのDF岩田智輝のみであり、INとOUTのバランスには欠けている印象だ。

また、新人をメインに新加入選手が多いが、チームに残るのは興国高校から加入した4名のみで、残りは全て期限付き移籍。余剰戦力を整理し、積み上げを重視する少数精鋭の昨シーズンと変わらないメンバーで、リーグ戦制覇を目指すこととなる。

◆目標:優勝争い
Getty Images
J1王者として臨んだ2020シーズンだったが、新型コロナウイルスの感染拡大による超過密日程、そして相次ぐケガ人という緊急事態を乗り切れず、低迷を続けてしまった。

アンジェ・ポステコグルー監督が率いて4シーズン目となる今シーズンだが、当然目標は優勝となる。

合計26得点という少なくない得点源を失ったことはかなり大きなマイナスであり、新戦力がチームにフィットするための時間が不透明な状況だけに、苦戦も予想される。

一方で、昨シーズンまでの積み上げは着実に行われており、成熟度という点では一日の長もある。超過密日程によりターンオーバーを繰り返し続けてきた昨シーズンは、らしくないミスも試合中に散見。細かいコンビネーションの磨き上げをし続けなければいけなくなった。

しかし、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めてチームとして戦い続けた1年を乗り越え、多少の選手入れ替えでもチーム力が落ちない状況を作り出すことは可能となった。

今シーズンも過密日程となるが、国内の戦いに集中できる強みはある。ターンオーバーをしながら、状態の良い選手が出てもチーム力が落ちないことができれば、2年ぶりの優勝も現実味を帯びてくるだろう。

◆超WS編集部イチオシ新戦力
FWエウベル(28)
Getty Images
編集部がイチオシしたい新戦力は、ブラジルのバイーアからやってきたウインガーのFWエウベルだ。

エウベルはブラジルのクルゼイロやコリチーバ、スポルチ・レシフェなどでプレー。2018年1月からバイーアでプレーしていた。

左ウイングが主戦場のエウベルは、バイーアでは公式戦102試合で13ゴール11アシストを記録。センターフォワードやトップ下でもプレー経験がある攻撃的な選手だ。

新外国人選手が軒並み日本政府による入国制限措置の対象となり、ほとんどが来日はおろか正式契約も結べていない状況。戦力としても計算できないなど苦しめられている。

横浜FMもレオ・セアラはまだ来日できていないが、実はエウベルはその前に来日済み。しっかりとキャンプにも帯同し、チームの中に入ってトレーニングを重ねてきた。

左ウイングのポジションは昨シーズンは退団したエリキやFW前田大然が務めてきたが、横浜FMにとっては攻撃のポイントとなるポジション。エウベルが躍動し、退団した選手の穴埋めができるのか期待だ。

◆2021年期待のヒーロー
FWマルコス・ジュニオール(28)
Getty Images
今シーズン期待するヒーローは、3シーズン目を迎えるFWマルコス・ジュニオール挙げたい。

2019シーズンにフルミネンセからやってきたマルコス・ジュニオールは、2019シーズンは33試合で15得点を記録。FW仲川輝人とともにJ1得点王に輝き、優勝に大きく貢献した。

2020シーズンも28試合に出場し11得点を記録。トップ下で起用されると、ゲームメイク、チャンスメイクに加え、ゴールも決めるなど、攻撃の核を担っていた。

ドラゴンボールのゴールパフォーマンスでも大きな注目を集めていたマルコス・ジュニオールは、背番号を「9」から「10」に変更。装いも新たに3年目のシーズンを迎える。

「もっともっと横浜に貢献したいと思っている」と意気込みを語っていたマルコス・ジュニオール。チームの攻撃を牽引する舵取り役を担うが、横浜FMの航海が目的地にたどり着くかどうかは、「10」にかかっている。