ジェフユナイテッド千葉は25日、DF下平匠(32)が関東サッカーリーグ2部の南葛SCへ移籍することを発表した。

下平はガンバ大阪の下部組織出身で、G大阪の他、大宮アルディージャ、横浜F・マリノスでプレー。2018年途中に期限付き移籍で千葉に加入すると、2019年から完全移籍で加入していた。

2020シーズンは明治安田J2で14試合に出場。千葉ではJ2通算59試合2得点を記録していた。

下平はクラブを通じてコメントしている。

「このたび、南葛SCに加入することになりました、下平匠です。子どもの頃、全くマンガを読まなかった僕が、サッカー選手に憧れて唯一読んでいたマンガ、それが『キャプテン翼』です。翼くんの生みの親である高橋陽一先生がオーナーのクラブでプレーできることを大変うれしく思います」

「このオフに、J2クラブ含めてお話をいただきましたが、南葛SCの大きな夢に魅力を感じ、このクラブでプレーすることに決めました」

「チームの目標達成のために、精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」

「最後になりますが、大宮アルディージャ、横浜F・マリノス、ジェフ千葉のファン・サポーターの皆さん、葛飾は割と近いので、ホームゲームにてお待ちしてます!(笑)」