サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はモナコのU-20フランス代表MFソフィアン・ディオプが決めたゴールだ。

スタッド・レンヌの下部組織で育ったディオプは若くしてモナコに引き抜かれると、レンタルで経験を積んだ後、今シーズンから主力として定着。期待の若手として注目されている。

今シーズンここまで公式戦で6ゴールと好調を維持しているディオプだが、2021年2月21日に行われたリーグ・アン第26節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦では、見事な連携からゴールを決めている。

開始早々の6分、モナコが左サイドでチャンスを作る。軽快なパス交換からFWケビン・フォラントが左サイド深くでボールを持つと、中央へ柔らかいクロスを入れる。ファーポストでこのボールに合わせたDFルベン・アギラールが頭で折り返すと、ゴール前でディオプが強烈なヘディングを合わせ、見事な先制ゴールとなった。

先手を取ったモナコは、後半にも追加点を奪い、2-0で王者PSGを撃破している。