2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。

昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。

そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。

第18弾は、昨シーズンの明治安田J1で3位の名古屋グランパスを紹介する。

◆補強動向《A》※最低E〜最高S
【IN】
GK東ジョン(18)←名古屋グランパスユース/昇格
DF木本恭生(27)←セレッソ大阪/完全移籍
DF森下龍矢(23)←サガン鳥栖/完全移籍
MF長澤和輝(29)←浦和レッズ/完全移籍
MF齋藤学(30)←川崎フロンターレ/完全移籍
MF大垣勇樹(20)←いわてグルージャ盛岡/復帰
MF児玉駿斗(22)←東海学園大学/新加入
FW柿谷曜一朗(31)←セレッソ大阪/完全移籍
FW金崎夢生(32)←サガン鳥栖/期限付き移籍→完全移籍

【OUT】
GK東ジョン(18)→栃木SC/期限付き移籍
DF太田宏介(33)→パース・グローリーFC(オーストラリア)/完全移籍
DF千葉和彦(35)→アルビレックス新潟/完全移籍
DFオ・ジェソク(31)→仁川ユナイテッド(韓国)/完全移籍
MF長谷川アーリアジャスール(32)→FC町田ゼルビア/完全移籍
MFジョアン・シミッチ(27)→川崎フロンターレ/完全移籍
MF秋山陽介(25)→ベガルタ仙台/完全移籍
MF渡邉柊斗(24)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍
MF青木亮太(24)→北海道コンサドーレ札幌/完全移籍
MF榎本大輝(24)→愛媛FC/期限付き移籍
MF杉森考起(23)→徳島ヴォルティス/期限付き移籍→完全移籍
FW松岡ジョナタン(20)→カマタマーレ讃岐/期限付き移籍
FW深堀隼平(22)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍→完全移籍
昨シーズンは堅守をベースに3位でシーズンを終えた名古屋は、アジアでの戦い、そしてより高みを目指すために重点的にポイントを押さえた補強を行った。

何と言っても注目は、FW柿谷曜一朗(←セレッソ大阪)だろう。クラブのエースナンバーである「8」を脱ぎ捨て、新天地へと活躍の場を移した。前線のストライカーが一時不在になるなど、攻撃の形が固定化されていた名古屋にとっては、非常に大きな戦力と言える。さらに、その1トップを張っていたFW金崎夢生もサガン鳥栖から完全移籍で加入した。

さらに、サイドアタッカーを揃えている名古屋にFW齋藤学という強力なドリブラーが加入。王者・川崎フロンターレではくすぶった齋藤だが、切れ味鋭いドリブルは錆び付いていない。また、浦和レッズからはMF長澤和輝を獲得。ボランチだけでなく、攻守にわたって高い能力を持つ長澤の加入は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の戦いを見据えても優勝した経験は大きな補強と言える。

また、堅守と言いながらもDF中谷進之介とDF丸山祐市、そしてMF稲垣祥がフル稼働していたポジションにはDF木本恭生(←セレッソ大阪)を獲得。さらにプロ1年目ながらサガン鳥栖の右サイドバックとして非凡な才能を見せたDF森下龍矢も獲得し、しっかりと補強を行っている。

◆目標:優勝争い
©J.LEAGUE
マッシモ・フィッカデンティ監督が率いて3年目を迎える名古屋。監督の戦い方はシーズンを追うごとに浸透し、昨シーズンはリーグ最少失点の堅守を見せた。

一方で得点数はもう少し欲しかったところ。しかし、それも補強で実績ある日本代表クラスの選手を獲得し、攻撃のバリエーションを増やすことに成功したと言える。

チームとして目指すは2010年以来のリーグ制覇だろう。ドラガン・ストイコビッチ監督に率いられた当時も3年目でのリーグ制覇。ベースを築いた後に選手を的確に補強して悲願を達成した。

今シーズンもその流れを踏襲している感はあり、攻撃的に戦いたいことをフィッカデンティ監督も語っている。

新加入選手のアプローチにも満足感を示しており、シーズンが進んでいけばより深まることに。そこで重要となるのは、やはり攻撃力となる。

昨シーズンの9敗のうち6試合が1点差ゲーム。堅守というベースがある以上、得点を奪えれば勝ち点を取れる確率は大きく上がる。切れ味鋭いカウンターがどのように進化するのか、注目が集まる。

◆超WS編集部イチオシ新戦力
DF森下龍矢(23)
©J.LEAGUE
編集部がイチオシしたい新戦力は、サガン鳥栖から加入したDF森下龍矢だ。

昨シーズン、明治大学から鳥栖に入団しプロの道を歩みだした森下。もともとジュビロ磐田のアカデミーで育ったものの、トップチームに昇格できずに進学していた。

世代別代表やユニバーシアード日本代表歴もある森下は、開幕戦でいきなりデビュー。するとそのままレギュラーとして定着し、プロ1年目ながら明治安田J1で33試合に出場し3得点を記録した。

その活躍が認められてオファーが殺到した中で名古屋入りを選択。それは自身の成長のためと語り、野心溢れるところが持ち味の1つだ。

プレー面では豊富な運動量を武器に上下動を繰り返すこと、攻守両面でパワーを発揮できるところは、大学の先輩であるDF長友佑都(マルセイユ)を彷彿とさせる。

より攻撃性を高め、スピード溢れる攻撃を目指す今シーズンの名古屋においては存分に持ち味を発揮できる可能性があり、2年目のジンクスを払拭する活躍を見せられるかに注目だ。

◆2021年期待のヒーロー
FW柿谷曜一朗(31)
©J.LEAGUE
今シーズン期待するヒーローは、セレッソ大阪から加入したFW柿谷曜一朗だ。

若手の頃に徳島ヴォルティスへの期限付き移籍や、スイスのバーゼルなどへの移籍は経験しているものの、国内での完全移籍は初となる柿谷。C大阪の「8」から名古屋の「8」へと装いを変えた。

昨シーズンは個人としてリーグ戦24試合に出場も先発はわずかに6試合と寂しい結果に。ゴールも1つとらしくないパフォーマンスに終わってしまった。

そんな柿谷は「個人としてはゴールという形でチームを助けたいなと思います」と意気込みを語る。FWマテウスやFW前田直輝、FW相馬勇紀というスピードあるアタッカー、FW金崎夢生、FW山﨑凌吾というセンターで起点になる選手がいる中、彼らを行かせるのも柿谷の武器と言えるだろう。

縦に速いカウンターにさらに磨きをかけたい名古屋。その中d、柿谷が持つアイデアと高いテクニックは必ずやプラスになるはず。心機一転、名古屋の地で“ジーニアス”の復活に期待がかかる。