リバプールは26日、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが手術を受けたことを報告した。

ヘンダーソンは20日に行われたプレミアリーグ第25節のエバートン戦で負傷。30分程で交代を余儀なくされており、0-2で敗れた試合後、ユルゲン・クロップ監督からは「そけい部、内転筋を痛めてしまった。良くなさそうだ」と伝えられていた。

そしてこの度、内転筋の手術を受けたことが明らかに。クラブによると、具体的な離脱期間は設定されていないものの、少なくとも3月のインターナショナルブレークが終わるまで復帰できないとのことだ。

一方でイギリス『スカイ・スポーツ』は、復帰は早くても4月と見込んでおり、今夏のユーロに出場するイングランド代表にも影響する可能性があると言及している。

なお、ヘンダーソンをはじめ負傷者に悩まされるリバプールでは、24日の練習で昨年12月にヒザを痛めて以降、戦列を離れていたポルトガル代表FWジオゴ・ジョタがチームに合流。28日に行われるプレミアリーグ 第26節のシェフィールド・ユナイテッド戦での復帰が期待されている。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら