ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが今後の公式戦4試合を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。

イブラヒモビッチは2月28日に行われたセリエA第24節のローマ戦に先発。後半11分に交代していたが検査の結果、左足内転筋を痛めていた。

『フットボール・イタリア』によればイブラヒモビッチは今後、セリエAのウディネーゼ戦、ヴェローナ戦、ナポリ戦、ヨーロッパリーグの古巣マンチェスター・ユナイテッド戦を欠場すると報じている。

39歳となったイブラヒモビッチは今季のセリエAで14ゴールを記録。2位に位置するチームを牽引しているが、昨年11月から今年1月にかけてハムストリングとふくらはぎの負傷により長期離脱していた。

また、MFハカン・チャルハノールに関しては左足太ももの内側屈筋を負傷し、3日に行われるセリエA第25節ウディネーゼ戦を欠場する見通しとのことだ。


チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら