ガンバ大阪は3日、トップチーム選手4人とスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと公表した。

これを受けて、同日に敵地で予定している明治安田生命J1リーグ第11節の名古屋グランパス戦開催可否を協議中だという。

陽性判定を受けた5人のうち、選手1名は2日朝から発熱を伴う症状があり、同日にPCR検査を実施したところ、同夕方に陽性判定。現在は自宅で静養して体調回復に努めているようだ。

選手1名の陽性判定を受けて、遠征中の選手とチームスタッフは即日にPCR検査を受け、3日未明に選手2名、スタッフ1名に陽性判定が下った。

また、遠征に帯同していない選手、チームスタッフも本日にPCR検査を受け、選手1名が陽性判定。4名に関しては現在、発熱や体調不良などの症状こそないが、隔離、療養している。

濃厚接触者に関しては保健所の指導に沿って対応中。クラブで管理する行動履歴により、Jリーグ独自基準で選手1人、スタッフ1人が濃厚接触者の疑いで隔離措置に努めているという。