サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元ブラジル代表FWロマーリオ氏がバルセロナで見せた素晴らしいゴールだ。

ブラジルの強豪ヴァスコ・ダ・ガマでデビューしたロマーリオ氏は、1988年に加入したPSVで大ブレイク。1993年には当時ヨハン・クライフ氏が率いたバルセロナに加入した。

ブラジル人らしい緩急自在なテクニックに加えて、ゴールパターンの多さから優れた決定力を持つストライカーとして、所属したどのクラブでもゴールを量産したロマーリオだが、1993年10月3日に行われたラ・リーガ第5節のオサスナ戦では、美しいゴールを決めている。

ロマーリオのゴールでバルセロナが1-0とリードして迎えた39分、自陣に引いて守るオサスナに対してバルセロナが攻勢に出ると、ボックス前でロマーリオがドリブルで仕掛ける。相手DFがクリアに成功したものの、クリアボールを相手陣内中央のMFミカエル・ラウドルップが拾うと、ドリブルで相手を鮮やかにかわし、ボックス内に絶妙のループパス。完全にフリーでこのパスを受けたロマーリオがそのままゴール前に進むと、飛び出して来たGKの頭上を越えるループシュートを放つ。美しい放物線を描いたシュートは無人のゴールに決まり、見事な追加点となった。

試合はその後、オサスナの反撃に遭いながらも3-2でバルセロナが勝利している。



チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら