サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバルセロナBのスペイン人MFアレックス・コジャードが決めたゴールだ。

11歳でバルセロナの下部組織に入団したコジャードは、順調に各カテゴリーを進み、2018年にバルセロナBに昇格。主将としてチームを引っ張っている。

期待の若手としてファーストチームへの昇格が期待されるコジャードだが、2021年3月7日に行われたセグンダB(スペイン3部)第19節のリャゴステラ戦では、圧巻のゴールを決めている。

一時は0-2とリードされつつも、3-2とバルセロナBが逆転に成功して迎えた65分、右サイドでボールを持ったコジャードが細かいタッチの軽快なドリブルで相手DF3人の間を瞬く間に抜いていき、ボックス内に侵入。ブロックに来たDFに対し、緩急自在のドリブルで鮮やかに抜き去ると、左足で強烈なシュートをゴール左下に叩き込んだ。

コジャードの試合を決める4点目で、4-2としたバルセロナBが試合に勝利している。



チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら