アルミニア・ビーレフェルトの日本代表MF堂安律がレバークーゼン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ビーレフェルトは14日、ブンデスリーガ第25節でレバークーゼンと対戦した。

5位に位置するレバークーゼンと残留争い中の16位ビーレフェルトの一戦。苦戦が予想されると思われた中、17分に堂安が今季4点目を奪い先制ゴールを記録。さらに57分にはザルツブルクから今冬加入した日本代表MF奥川雅也も初ゴールを記録し、リードを2点とする。

85分にパトリック・シックにゴールを許し、1点差に迫られるが、そのまま逃げ切り1-2で勝利。日本人2人の活躍で貴重な勝ち点3を獲得した。

試合後、堂安はレバークーゼン戦を振り返り、重要な勝利だったと語った。

「とてもタフな試合でしたが、90分を通して常に集中していました。今日は3ポイントに値すると思います」

「(奥川)雅也のブンデスリーガ初ゴールにもとても満足しています。お互いにゴールを決めたとしても、最も重要なことは勝利です」

「レバークーゼンのようなトップチームを倒すことで、自然と自信がつき、自分を信じることができます」