バルセロナは15日、ラ・リーガ第27節でウエスカと対戦し4-1で勝利した。ウエスカのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。

リーグ戦3連勝中の2位バルセロナ(勝ち点56)が、最下位に沈むウエスカ(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。

3試合連続クリーンシート中のバルセロナは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン戦と同じスタメンを採用。[3-4-3]の布陣を前線は右からグリーズマン、デンベレ、メッシで形成した。

岡崎が4試合連続のベンチスタートとなったウエスカに対し、押し気味に試合を運んだバルセロナは13分、ブスケッツのパスをバイタルエリア中央で受けたメッシがペナルティアーク左横まで切り込みシュート。外から巻いてくるシュートがクロスバーに当たり、そのままゴールネットを揺らした。

先制点で勢いに乗りたいバルセロナだった、26分にピンチ。プリードのロングフィードをボックス右横まで追ったラファ・ミルがヒールパスで落とすと、これを受けたマフェオがカットインからシュート。ゴール左隅を捉えたシュートはGKテア・シュテーゲンが右手で何とか弾き、難を逃れた。

ピンチを凌いだバルセロナは32分、メッシのスルーパスでボックス左深くに抜け出したジョルディ・アルバが角度の厳しいところからシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。

それでも攻勢を続けるバルセロナは、35分にバイタルエリア手前でパスを受けたグリーズマンがペナルティアーク手前までも持ち上がると、強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。

このまま前半終了かと思われたが、ウエスカは前半アディショナルタイム1分に1点を返す。相手CK流れからクリアボールを中盤で拾ったマフェオが素早く右サイドのスペースに展開すると、駆け上がったフェレイロがクロス。ゴール前に詰めたラファ・ミルは空振りに終わるも、飛び出したGKテア・シュテーゲンに倒されると主審はPKを宣告。このPKをラファ・ミルがゴール右隅に決めた。

前半終了間際の失点により1点差で後半を迎えたバルセロナは、開始早々にセットプレーからウエスカを突き放す。53分、ショートコーナーの流れから返しを受けたメッシが左クロスを供給すると、ゴール前で合わせたミンゲサのヘディングシュートがゴール右隅に突き刺さった。

再び2点差とされたウエスカは57分、フェレイロのパスで右サイドを駆け上がったマフェオのクロスをファーサイドのエスクリチェが頭で折り返すとフリーのラファ・ミルが胸で押し込もうとしたが、ボールは枠の上に外れてしまった。

その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、バルセロナ試合終了間際に再びスコアが動く。90分、トリンコンのパスを右サイドで受けたメッシがダイアゴナルドリブルで切り込みミドルシュート。狙いすましたシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。4連勝を飾ったバルセロナが2位を死守している。

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら