ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)からの敗退にも前向きな姿勢を示した。イタリア『スカイ』が伝えている。

ラツィオは17日に行われたCLラウンド16・2ndレグで、バイエルンと対戦。ホームで迎えた1stレグは1-4の大敗を喫しており、ベスト8進出は極めて難しい状況だったが、この日もPK献上から先制点を許す展開に。後半にも追加点を奪われると、MFマルコ・パローロが意地の1点を返したものの、1-2で敗れた。

この結果、ラツィオは合計スコア2-6となり、CLベスト16での敗退が決定。欧州王者相手に力の差を見せつけられる2試合となったが、試合後のインタビューに応じたS・インザーギ監督は、チームがこの舞台に立てたことを誇っている。

「1stレグの結果がある以上、今夜は非常にリスキーな試合になった。この大会では(グループステージ)6試合無敗を達成しており、名誉と共に大会を去ることができる」

「1stレグの1-4が残念だった。ただ、相手がバイエルンだからね。我々の目標はグループステージを突破することだった。1stレグの結果こそ悔やまれるが、ヨーロッパでの戦い方についてはとても誇りに思っている」

「バイエルンのメンタリティは本物だ。1stレグだけでなく、2ndレグでも足が止まらなかった。ただ、バイエルンは極端なレベルだが、我々もトップクラスにいる以上、ステップを踏みつつ挑戦する必要がある。我々が踏むべきもう1つのステップは、リーグを最高の形で終え、この大会に参加し続けることだ」

また、S・インザーギ監督はチームの成長を称えつつ、課題についても言及。これからはセリエAでトップ4を目指す戦いが始まると、気を引き締めている。

「この5年間で、チームは多くをもたらしてくれた。ただ、困難な時期により良くなる必要がある。今はトップ4の位置に戻るための時間が十分に残っており、我々はそのためにプレーしていく」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら