パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝の対戦相手がバイエルンに決定したことを受けてコメントを残している。クラブ公式サイトが伝えた。

19日に行われた抽選会の結果、PSGは昨季の決勝で苦杯を嘗めたバイエルンとの対戦が決定した。今季もバイエルンは優勝最右翼との呼び声も高いが、ポチェッティーノ監督もヨーロッパ最強のチームと称賛しつつ、楽観していることを伝えている。

「まずはここまで来ることができて嬉しいよ。ヨーロッパのわずか8つのベストクラブがしのぎを削るのだ。その一部になれて光栄だ」

「チャンピオンズリーグは最高のクラブと戦わなければならず、勝利することが非常に難しい。さらに我々の相手はディフェンディングチャンピオンだ」

「この抽選結果は確かに困難なものとなったが、サプライズもあった。現時点で大陸最強のチームと対戦するが、我々は楽観的で、チームには競争力が生まれることだろう」

「我々はバルセロナをノックアウトし、今はバイエルンに目を向けている。しかし、その目的はただ一つ。準決勝に進出することだ」

また、ブラジル代表DFマルキーニョスは「素晴らしい試合になるだろう」とし、昨季の悔しさをぶつけると、意気込みを語った。

「この大会で上位を目指すには、どんな相手にも勝てるようにならなければならない。昨シーズンの決勝戦でも対戦したが、今度は僕たちが勝ち抜く力を見せる番だ」

「今シーズンはサポーターがいないのが残念だ。彼らの応援があれば、パルク・デ・プランスでいつもと違った雰囲気になるからね。これは特別な状況で、僕たちは自分たちが生きている状況に敬意を払わなければならないんだ」

「全ての要素を注ぎ込むつもりだよ。でもその前に、国内で良い試合をしないとね」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>無料トライアルはこちら