サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏がレンジャーズ時代に決めたゴールだ。

WBAでキャリアをスタートさせたエヒオグ氏は、プレミアリーグのクラブを渡り歩いた後、2007年1月にレンジャーズに移籍。1年を過ごした後再びイングランドに戻り、2012年に現役を引退した。

レンジャーズでは、公式戦7試合の出場にとどまったが、2007年3月11日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第30節のセルティックとの大一番では、レンジャーズでの唯一のゴールを決めている。

0-0のまま迎えた50分、右サイドのコーナーキックからクロスが入ると、両チームの選手によるヘディングでの競り合いで、ボールが地面につくことなく、何度も高く上がる。ボックス中央にいたエヒオグの前にボールが飛んでくると、ゴールに背を向けた状態から豪快なオーバーヘッドキック。完璧にミートされたシュートがゴール右上のコースに決まり、豪快な先制ゴールとなった。

アクロバティックなゴールで先制したレンジャーズ。これが決勝ゴールとなり、1-0で勝利している。

現役引退後はトッテナムのユースコーチに就任し、指導者としてのキャリアを歩み始めたエヒオグ氏だったが、2017年4月、トレーニング中に心臓発作を起こし、44歳で帰らぬ人となっている。