カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のアヴァイは24日、清水エスパルスを退団していたFWジュニオール・ドゥトラ(32)の獲得を発表した。契約期間はシーズン終了までとなる。

ジュニオール・ドゥトラは、2010年1月にサント・アンドレから京都サンガF.C.に完全移籍で加入。2012年3月には鹿島アントラーズへと完全移籍すると、2013年1月にベルギーのロケレンへと完全移籍した。

その後は、カタールのアル・アラビへと移籍すると、母国へと復帰し、ヴァスコ・ダ・ガマやアヴァイ、コリンチャンス、フルミネンセでプレー。UAEのアル・ナスルへと移籍すると、2019年7月にコリンチャンスから清水へと加入していた。

清水では1シーズン半在籍し、公式戦39試合に出場し10得点を記録。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで20試合に出場し6得点を記録していたが、シーズン終了後に退団が発表されていた。

3年ぶりにアヴァイへと復帰したジュニオール・ドゥトラ。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで72試合11ゴール6アシストを記録している。

ジュニオール・ドゥトラはクラブを通じて「やあ、みんな。このシャツをまた着られて嬉しいよ。サンタカタリーナ州でチャンピオンになり、昇格を目指すという挑戦をしよう」とコメントした。

【動画】3年ぶり復帰のジュニオール・ドゥトラ加入映像

var video_id ="C5ySqopQpb4";