サンパウロは26日、江蘇に所属していた元イタリア代表FWエデル(34)をフリーで獲得し、2022年12月までの契約を結んだことを発表した。

ブラジル出身のエデルは母国のクリシューマでキャリアをスタートさせた後、イタリアに渡ってエンポリやフロジノーネでプレー。そしてサンプドリアで飛躍後、インテルへと移籍していた。2018年7月から江蘇でプレーし、2020シーズンにはクラブ史上初となる中国スーパーリーグ優勝を果たしていたが、クラブは2月28日に経営難により突如活動停止を発表。エデルはフリーとなっていた。

エルナン・クレスポ監督率いるサンパウロは38試合を消化したブラジレイロ・セリエAで首位フラメンゴと5ポイント差の4位に付けている。