サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏がミラン時代に決めたゴールだ。

1994年にウクライナの名門ディナモ・キエフでプロデビューし、大活躍を果たしたシェフチェンコ氏は、スーパースターたちが顔を揃えるミランに1999年加入。ここでも存在感を発揮し、世界屈指の名手に名を連ねる程の評価を受けた。

スピードを活かした突破と高い技術を持った点取り屋としてゴールを量産したシェフチェンコ氏だが、2000年2月6日に行われたセリエA第20節のバーリ戦では、圧巻のゴールを決めている。

3-1とミランリードの89分、カウンターから自陣でボールを持ったシェフチェンコがドリブルを開始。グングンスピードに乗ると、マークに来た相手DFとの競り合いを制して独走態勢に入る。ブロックに入る相手に対して細かい上体フェイントで近寄らせずに、そのままボックス内に侵入すると、ゴール右下のコースをついたシュートを沈め、止めを刺す4点目を決めてみせた。

圧巻のゴールでリードを広げたミランが、4-1と快勝している。