マンチェスター・シティは29日、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)の今シーズン限りでの退団を発表した。

2011年にアトレティコ・マドリーから加入したアグエロは、デビュー戦となったスウォンジー・シティ戦で2ゴール1アシストの圧巻の活躍を披露。以降は絶対的なエースとして公式戦384試合に出場し、クラブ歴代最多となる257ゴールを記録。

4度のプレミアリーグ制覇を含む、通算13個のトロフィー獲得の立役者となり、個人としても2014-15シーズンに自身唯一のリーグ得点王を獲得した。

しかし、近年は度重なるケガに悩まされており、とりわけ今シーズンはここまで公式戦14試合3ゴールとキャリアワーストの厳しいシーズンとなっていた。

そんなアグエロのシティでの最も有名なゴールと言えば、2011-12シーズンのプレミアリーグ最終節のQPR戦での決勝ゴールだ。

マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点84で並んだ状態で最終節を迎えたものの、90分を終えた段階でシティは残留争いに身を置いていたQPRにまさかの1点ビハインドの展開となる。

しかし、最後まで諦めないシティはアディショナルタイム2分にMFダビド・シルバの右CKをFWエディン・ジェコが頭で叩き込み、2-2の同点に追いつくと、アディショナルタイム4分にはボックス中央のFWマリオ・バロテッリとのワンツーでボックス右に抜け出したアグエロがニアサイドに右足のシュートを突き刺し、現地実況の「アグエロォォォォォォォ」の絶叫でお馴染みの勝ち越しゴールが決まった。

その直後にはタイムアップのホイッスルが鳴り、劇的過ぎるプレミアリーグ初優勝にエティハド・スタジアムに集まった多くのシティサポーターがピッチになだれ込み、騒然のピッチ内はシティのチームカラーの水色に染まっていた。

アグエロのシティ退団が決まったことを受け、各国のメディアもこのゴールを再び取り上げており、『ESPN』は「マンチェスター・シティの最も象徴的な選手の1人」と伝えたほか、『BTスポーツ』も「一生忘れられない」とこのシーンのインパクトの大きさを伝えている。また、アグエロに対しては数多くのサポーターから感謝の声が挙がっている。

◆【動画】実況も思わず「アグエロォォォォォォォ」の大絶叫