浦和レッズの西野努テクニカルダイレクター(TD)が、1日に囲み取材に応じ、元U-21デンマーク代表FWキャスパー・ユンカー(27)の獲得経緯などを明かした。

浦和は1日、エリテセリエン(ノルウェー1部)のボデ/グリムトからユンカーを完全移籍で獲得することでクラブ間合意に達したと発表した。

ユンカーは2020シーズンのエリテセリエン(ノルウェー1部)で25試合に出場し27ゴール11アシストを記録。リーグ得点王に獲得した他、チームは初優勝を果たしMVPも獲得していた。

ユンカー獲得の経緯について西野TDは「常に来年2022年にどんな布陣を作れるかを頭に、去年の夏からこの冬のウインドーに向けて、そして今年の夏、来年の冬という戦力補強する期間について考えてきました」と、補強に向けた考え方を説明した。

浦和は、FWレオナルドが開幕直前に中国スーパーリーグの山東泰山へと完全移籍した他、DF橋岡大樹がシント=トロイデンにレンタル移籍。さらに、キャンプ中の規律違反の影響でMF柏木陽介がFC岐阜へと完全移籍するなど、主力選手が退団していた。

その点については「正直今年に入ってチームを離れた3名の部分は予想外の部分がたくさんあったので、穴埋めという要素も大きいです」と語ったが、「ただ、100%それがあったから行こうとなったわけではありません。この3月の補強に関しても、この夏、この冬にどうするかを考えて決断した結果の行動です」と説明し、レオナルドの退団が決まったことで動いたわけではないとコメント。それでも「部分的にはレオナルド選手がチームを離れたことは理由の1つです」と、前線の補強は必要性があったと語った。

ユンカーの評価したポイントについては「今チームで求められているのは、杉本健勇を見てもわかるように一番前の選手から守備のスイッチを入れることが大きな役割になっている。ボックス内での得点力はストライカーとして絶対に必要ですが、それと同じぐらいにチーム全体のディフェンス力に関しても、点が取れるからディフェンスしなくて良いわけではなく、その点も大きな要素になっている」とし、前線からの守備に関しても期待ができる選手であると語った。

今回のユンカーとの契約に向けては、提携先のクラブであるオランダのフェイエノールトが協力したとのこと。「国内に戻ってからだと隔離があるので、隔離の後でしかメディカルチェックが受けられません」と、メディカルチェックのタイミングに問題があったとし、「早く契約を結ぶためにヨーロッパで受けられないかを相談したら、うちで是非という形になった」と、ユンカーのメディカルチェックに協力してくれたことを明かした。

ユンカーはフェイエノールトの協力のお陰でオランダでメディカルチェックを受け、契約合意に至ったと言う。「今オランダの提携しているフェイエノールトのクラブの協力を得て、ロッテルダムでメディカルチェックを受けています。ビザの申請も同時にしています」と語り、「申請が降りて、ヨーロッパから東京に来れるのが4、5日から1週間以内。成田に到着したらそのままJリーグの隔離措置を受ける機関で2週間の隔離され、希望的な観測を含めて4月20日前後には浦和に来てもらえたらと読んでいます」と語り、3週間程度でチームに合流するのではないかとスケジュール感を明かした。

今回のユンカー獲得に関して、リカルド・ロドリゲス監督の意向については「優先順位としてはそれほどありません」と特にストライカーを獲得するために動いていた訳ではないとコメント。「その時々で、今はこことか、トーマス(・デン)と(藤原)優大がケガした際はCBが必要だというタイミングがありましたし、(興梠)慎三がケガでレオがいなくなったらトップとかはあります」と、その時のチームの状況によって求められるポジションは違うとコメント。「今年の後半戦、来年の編成を見据えたことを今しなければいけないと思っているので、今ストライカーという要望は監督からはないです」とし、監督の強い要望があった訳ではないとした。

それでもノルウェー1部リーグで得点王を獲得したほどの得点力を持ったストライカー。チームとして期待するところ「今シーズンに関しては時間がかかると思っています」と、シーズン途中加入ということ、コロナ禍で難しい状況あり、適応に時間が掛かると想定しているとのこと。また「得点を取るためにはそこにボールを運ぶ、正確なクロスも必要。そういった状況が確立したら、リーグトップスコアラーになる力があると思います」と語り、「来年はリーグ得点王をとってもらいたい」と、来シーズンでの本領発揮に期待を寄せていた。