クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督が「Black Lives Matter」運動の一環として行われているヒザをつくポーズを拒否したコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハを支持した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

プレミアリーグでは昨季の新型コロナウィルスによる中断明けから「Black Lives Matter」運動に同調を示す一環として、選手や監督などフィールド上の全員がキックオフ直前に片ヒザをつくムーブメントが恒例に。しかし、ザハはポーズ自体が意味を持ち、人種差別についてのメッセージが伝わっていないと語り、3月13日に行われた第28節のWBA戦でヒザをつくのを拒否したことで、話題を呼んでいた。

そんなザハについて、ホジソン監督は「私が望んでいたように、ポジティブで正しい見方をされている。すべてはウィルフのおかげだ。彼は勇気を持って発言した」とコメント。前例にないアクションを起こしたザハの意思を尊重した。

また、いまだ続く人種差別についても言及。ポーズを拒否したザハを称えつつも、このポーズが人種差別問題の存在を世間に知らしめる役割を担ったと話している。

「2021年にもなってサッカー選手が人種差別を我慢しなければならないというのは、正しいことではない。黒人選手がサッカーをすることを見慣れていなかった時代は過ぎ去った。私の生前や生まれたころまで遡らない限りね」

「ヒザをつくこのポーズはこの問題を公にするためには不可欠だった。しかし、それについて議論がなされ、ウィルフが決断を下したことや、良い反響が彼に伝わるのは良いことだ」

「私はこの運動が続くことを望んでいるし、プレミアリーグで活躍する黒人選手たちがその声を挙げ続けてくれることを願っている。彼らは力強い声を持っているからね」