アビスパ福岡は5日、トップチーム2選手の新型コロナウイルス陽性判定を報告した。

当該選手Aは3日夜にJリーグ公式検査結果として陽性の可能性が高いとの連絡を受けて、4日に医療機関でPCR検査を受検して陽性判定に。4日と5日に選手、関係者を対象に医療機関でPCR検査を受診したところ、Jリーグ公式検査で陰性だった1選手(当該選手B)が新たに陽性判定を受けたという。

当該選手A、Bは現在、管轄保健所の指導下に。感染経路は2選手の行動履歴からわかっていないようだ。また、クラブは管轄保健所から選手、チームスタッフのなかに「濃厚接触者なし」の判断を受けており、当該選手A、Bを除く全員が陰性判定で、症状を訴えている者もいない模様だ。

福岡は今後について「管轄保健所の指導のもと施設の消毒を行い、改めて選手およびチーム関係者全員に継続的な感染症対策の周知と徹底をはかり、チーム活動を行ってまいります」との見通し。7日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節ではガンバ大阪とのアウェイ戦に臨む。