FC岐阜は6日、トップチーム活動一時休止を発表した。

同日までに選手3名から新型コロナウイルス陽性判定を確認する岐阜。陽性者の選手3名と他の選手、スタッフの接触状況や感染源が不明な上、無症状者のなかにウイルス保有者がいる可能性も否定できず、保健所から15日までの活動自粛を要請されたため、岐阜はトップチームの一時活動休止を決断したという。

そうした状況を受けて、4日に敵地で行われる予定だったJ3リーグ第4節のガイナーレ鳥取戦に続き、11日にホームで予定した明治安田生命J3リーグ第5節のアスルクラロ沼津戦も開催中止に。代替日については決まり次第、発表される。代表取締役社長の宮田博之氏は次のようにコメントしている。

「この度、岐阜市保健所より陽性者を除き、濃厚接触者の自宅待機について4月1日(木)から4月15日(木)まで要請されました。これを受けましてクラブとしましても保健所の要請を重く受け止め、チームとしての活動を自粛いたします。また4月11日(日)に開催を予定しておりましたアスルクラロ沼津戦につきまして、Jリーグ、アスルクラロ沼津様と協議の上、開催中止を決定いたしました」

「試合を楽しみにして頂いておりました両クラブのファン・サポーターの皆様、アスルクラロ沼津関係者の皆様、そしてFC岐阜に関わるすべての皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。クラブとしましては、岐阜市保健所の指導のもと、感染拡大防止および感染経路の特定などを行うとともに、より一層の新型コロナウイルス感染症対策を徹底励行し、感染拡大の防止に努めてまいります」