ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、マンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

ドルトムントは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでシティと対戦。前半に先制を許すもその後は粘り強く戦うと84分にアーリング・ハーランドのパスを受けたマルコ・ロイスがネットを揺らし、1-1の同点に追いつく。

試合終盤のゴールに勝ち点1を持ち帰れるかと思われたが、90分にフィル・フォーデンにゴールを許し、2-1で1stレグを落とした。

好ゲームを見せながらも敗戦を喫したドルトムント。テルジッチ監督は、チームのパフォーマンスを評価も敗戦を悔やみ、2ndレグでの巻き返しを誓った。

「中央を強化したかったし、これはとても上手くいった。我々は多くのことを上手くやり、ほとんど何もさせず、自分たちが危険なシーンを作っていた」

「もちろん、最終的に試合に負けたことは少しガッカリしている。でも良い反応を示した。今日は良い戦いだった」

「ただ、まだ終わっていない。まだ途中だ。試合はまだ続いている」

「来週は次のラウンドに進むために、あらゆることにチャレンジする」