アトレティコ・マドリーは7日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの負傷を発表した。

クラブの発表によると、スアレスはクラブのメディカルサービスで検査を受けたとのこと。左足の筋肉を負傷したとのことだ。

なお、ケガの程度など詳細はわかっていないが、スアレスは7日のトレーニングで違和感を訴えたとのことだ。

バルセロナから今季アトレティコに加入したスアレスは、ここまで公式戦32試合に出場し19ゴール2アシストを記録。首位のチームを牽引していた。

なお、11日に予定されているラ・リーガ第30節でレアル・ベティスと対戦するが、スアレスは出場停止のためケガに関係なく欠場予定だった。