アーセナルは7日、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーが4〜6週間の戦線離脱となることを明かした。

ティアニーは3日に行われたプレミアリーグ第30節のリバプール戦に先発出場。しかし、前半終了間際に相手MFジェームズ・ミルナーと交錯した際に左ヒザを痛めて負傷交代していた。

8日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのスラビア・プラハ戦を控える中、最新のチームニュースを発表したアーセナルはティアニーの状態に関して説明。手術の必要性はないものの左ヒザのじん帯を痛めており、トレーニングに復帰するまでには4〜6週間を要する見通しであると伝えている。

その他の選手に関しては右ヒザに軽度の手術を行ったDFダビド・ルイスと、インターナショナルマッチウィーク中から右足首に違和感を訴えていたMFマルティン・ウーデゴールのスラビア・プラハ戦での起用が難しい模様。

その一方で、リバプール戦を欠場していたFWブカヨ・サカ、MFエミール・スミス・ロウ、MFグラニト・ジャカの3選手に関してはすでに全体練習に復帰しており、起用可能な状態にあるという。