エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがリバプールサポーターの神経を逆なでした。

リバプールは6日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでレアル・マドリーと対戦。ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに2ゴールを決められ、3-1で敗れた。

そんな中、リシャルリソンは自身のインスタグラムに、かつて撮影したヴィニシウスとの2ショット写真を投稿。メッセージはなかったものの、たくさんの目の絵文字をつけ、明らかに敗れたリバプールサポーターを煽っているようなものだった。

エバートンとリバプールはともにリバプール市に本拠地を置く宿敵であるが、中でもリシャルリソンは昨年10月に行われたダービーでリバプールのスペイン代表チアゴ・アルカンタラにアフターチャージを見舞い一発退場。チアゴは、その後2カ月の離脱を余儀なくされた。

リシャルリソンは3月、この件についてSNSを通じてチアゴに謝罪したものの、相手側からの返答はなく、「彼はピジョン(リシャルリソンの愛称、鳩の意)を無視したのさ」と語っていた。

ただでさえ良く見られていなかったリシャルリソンだが、この一件でライバルチームのサポーターとの確執はさらに大きなものとなっただろう。

【画像】確信犯?リシャルリソンがインスタグラムに投稿した2ショット

Cracking shithousery from Richarlison pic.twitter.com/TSn6VG3wZO

— ODDSbible (@ODDSbible) April 7, 2021