ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグ、アーセナルvsスラビア・プラハが8日にアーセナル・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

アーセナルはラウンド16で昨季敗退に追い込まれたオリンピアコスを相手に2ndレグで今大会初黒星を喫するも、敵地での1stレグでの3-1のアドバンテージを生かして逃げ切り、2戦合計3-2のスコアで突破を決めた。ただ、トップ4圏内と10ポイント差の10位に低迷するプレミアリーグでは直近のリバプール戦に0-3で完敗するなど、2戦未勝利と調子は下降気味だ。

その敗戦からのバウンスバックを図る今回の一戦ではレスター・シティ、レンジャーズと格上と思われたイギリス勢2チームを続けて撃破したチェコ王者のスラビア・プラハと対戦。アルテタ監督はリバプール戦から先発6人を変更。負傷のティアニー、ウーデゴールに代えてセドリック、ウィリアンを起用した他、チャンバース、セバージョス、オーバメヤン、ペペに代わってベジェリンと負傷明けのサカ、スミス・ロウ、ジャカの3選手を復帰させた。

立ち上がりからボールを保持するアーセナルが押し込む展開となるが、最前線のシマを残して[4-5-1]の堅固なブロックで迎え撃つアウェイチームの組織的な守備を前になかなか決定機まで持ち込めない。

一方、堅守速攻の形から反撃を試みるスラビア・プラハは14分、右サイドを崩した攻めから最後はボックス手前でクリアボールに反応したプロヴォドが際どいミドルシュートを放つ。さらに、幾度か相手の守備を引っくり返してオラインカやシマがカウンターからフィニッシュまで持ち込んでいく。

右サイドのサカを起点に良い仕掛けを見せながらも決定機まであと一歩という歯がゆい状況が続くアーセナル。29分にはホールディングのスルーパスに反応したサカがボックス右に抜け出してGKと一対一の絶好機を迎えるが、左足でファーポストを狙ったシュートは枠の左に外れる。

さらに、39分にはセットプレーの二次攻撃からボックス左ライン際でセドリックが折り返したボールをホールディングが打点の高いヘディングで合わせるが、枠を捉えたシュートはGKコラージュの好守に阻まれた。

主導権を握るも前半を0-0で終えたアーセナルは後半立ち上がりに早速決定機を創出。サカの縦への仕掛けで得たボックス手前右好位置のFKをウィリアンが右足で直接狙う。枠の外側から巻いていった鋭いシュートは惜しくも右ポストを叩いた。

その後、58分にはスラビア・プラハのカウンターに晒されてボリルにボックス左から際どいシュートを打たれるもGKレノのビッグセーブで事なきを得たアーセナル。すると、直後の62分には相手セットプレーのロングカウンターから完全に相手最終ラインの背後に抜け出したラカゼットが相手ボックス付近まで独走。GKを先に倒して右足のミドルループシュートを放ったが、これはまさかの枠の上角を叩き、またしても絶好機を逃した。

ショックが残る決定機逸によって気落ちするアーセナルに対してアウェイチームは前半同様にカウンターからアウェイゴールを狙う。76分には波状攻撃からボックス左でフリーのセフチクに決定機も、ここはシュートを枠の左に外してしまい、アーセナルにお付き合いしてしまう。

ホームで勝ち切りたいアーセナルはウィリアンに代えてマルティネッリを最初の交代カードとして切り、78分にはラカゼット、サカ、トーマスを下げてオーバメヤン、ペペ、エルネニーを一気に投入。

この3枚替えで攻勢を強めると、オーバメヤン、マルティネッリが立て続けに決定的なシュートを放つなど、ゴールを予感させる良い形の仕掛けを続ける。すると、86分には待望の先制点が生まれる。

自陣からにロングカウンター転じると、相手DFジマのクリアミスを回収したオーバメヤンから右サイドのスペースに走り込むペペにスルーパスが通る。ペペは快足を飛ばして相手DFを振り切って飛び出したGKの脇を抜く絶妙なチップキックをゴール左隅へ流し込んだ。

アルテタ采配的中でようやくリードを手にしたアーセナルはスミス・ロウに代えてダニ・セバージョスをピッチに送り込み、ここから試合を締めにかかる。

だが、今大会で台風の目となっているチェコ王者が最後の最後に追いつく。94分、右CKの場面で中央でペペに当たったクロスがファーに流れると、これに反応したホレシュのダイビングヘッドがGKレノの手を弾いてゴールネットを揺らした。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、再三の決定機逸が響いたアーセナルは土壇場で逃げ切りに失敗し、公式戦4戦未勝利と共にアウェイゴールを献上するビハインドを負って来週の2ndレグに臨むことになった。