アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)の新たな移籍先候補として、リーズ・ユナイテッドが浮上した。イギリス『90min』が報じている。

今季限りでマンチェスター・シティを退団するアグエロ。新天地としてバルセロナらが候補に挙がっているが、“鬼才”マルセロ・ビエルサ監督が率いるリーズも獲得レースに名乗りを上げる可能性があるという。

リーズはプレミアリーグに今季復帰。イングランドトップリーグを戦うにあたり、昨夏にクラブレコードの移籍金2700万ポンド(現レートで約40億5000万円)でスペイン代表FWロドリゴ・モレノを獲得した。

しかし、ロドリゴはここまでリーグ18試合の出場でわずか3ゴールとふるわず、リーズは今夏売却を視野に。新たなアタッカー獲得として、ビエルサ監督が好感を抱く同胞のアグエロを注視している模様だ。

リーズは今季のここまで11位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しいが、シティと同じく北西部に拠点を置くチーム。チームの計画や熱いファンの存在も争奪戦に臨む上で利点になると考えているようだ。

なお、リーズはチームトップのリーグ14得点を記録するイングランド人FWパトリック・バンフォードに関して売却の意思がなく、新契約の話し合いを続けているとみられる。