メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミは12日、フェイエノールトからオランダ人GKニック・マルスマン(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。

マルスマンは今シーズン限りとなっているフェイエノールトとの契約終了後、MLSクラブと2023年までの1年半契約にサインする。

トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたマルスマンは、ユトレヒトを経て2019年にフェイエノールトに加入。ここまでエールディビジ通算130試合以上に出場し、今シーズンも正GKユスティン・バイロウの長期離脱を受けて公式戦25試合に出場するなど正GKとして活躍している。

デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミでは、今シーズン限りでWBAとの契約が終了する元イングランド代表DFキーラン・ギブス(31)をすでに確保している。