チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、チェルシーvsポルトが13日にエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスファン行われ、アウェイのポルトが0-1で勝利した。この結果、2戦合計2-1としたチェルシーの準決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 メンディ 5.5
前半に不用意なパスミスでピンチを招いたが、それ以外は無難なゴールキーピングを見せた
 
DF
28 アスピリクエタ 6.0
オタビオが逆サイドに流れる場面が多く、比較的余裕を持っての守備対応が目立った。カバーリング、対人共に安定
 
6 チアゴ・シウバ 6.0
相手に押し込まれた中でも的確なラインコントロール、要所を締めるカバーリングで貢献。球出しはセーフティファーストを心掛けた
 
2 リュディガー 6.0
幾度か縦パスを引っかけられて入れ替わられる場面もあったが、最後の場面ではきっちり身体を張った
 
MF
24 R・ジェームズ 5.5
アスピリクエタ同様に守備負担が少ない中、幾度か良いスプリントで攻撃に関与
 
7 カンテ 6.5
機動力を生かしてボールを引き出し、要所でカウンターの起点となった。攻撃の局面でキックミスはあったが、逃げ切りの立役者に
 
5 ジョルジーニョ 6.5
相手の強度の高いプレーに対して一歩も引かず。チャンスボールを前線に送り届けられなかったが、攻守に奮闘が光った
 
21 チルウェル 5.5
ヘスス・コロナに押し込まれたが、粘り強い対応で再三クロスをブロックするなど逃げ切りに貢献
 
FW
10 プリシッチ 5.5
身体のキレは感じられたが、なかなか良い形でボールを受けられず。直近のパレス戦のような躍動感のある仕掛けは鳴りを潜めた
 
29 ハヴァーツ 5.5
虎視眈々とカウンターチャンスを狙っていたが、決定的な仕事はできず。前回対戦に続き攻撃面でほぼ見せ場を作れなかったが、競り合いの場面で身体は張っていた
 
(→ジルー -)
 
19 マウント 5.5
決勝点を挙げた前回対戦とは打って変わって難しい試合に。ボールを引き出す動きや局面を打開する仕掛けは限られたが、守備の強度は保った
 
(→ツィエク -)
 
監督
トゥヘル 5.5
終盤の失点で敗戦も目標のベスト4進出に導く。前線の交代カードはもう少し早く切っても良かったか
 
ポルト採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 マルチェシン 6.0
試合最終盤にプリシッチの決定機を阻止したが、それ以外に難しい対応は皆無。ビルドアップの局面ではもう少し工夫がほしかった
 
DF
18 マナファ 6.0
強度の高い守備で相手のカウンターを許さず。積極的に高い位置でプレーに絡んだが、ややアイデア不足
 
(→ナヌ 6.0)
好クロスで意地の決勝点をアシスト
 
19 ムベンバ 6.5
機動力を生かした守備で相手アタッカー陣を自由にさせず。前がかりなチームの背後をきっちりとケアした
 
3 ペペ 6.5
読みと強さを生かせた守備で相手の攻撃を封殺。球出しの場面では一度ミスがあったが、それ以外は安定
 
12 サヌシ 6.0
守備は無難にこなしたが、攻撃では後半盛り返すもなかなか良い形で味方と絡めなかった
 
MF
7 ヘスス・コロナ 6.0
再三の鋭い仕掛けやキープ力で攻撃の起点となったが、クロス精度やフィニッシュの精度が物足りなかった
 
(→ルイス・ディアス 5.5)
仕掛けの姿勢は見せたが、決定的な仕事はできず
 
27 セルジオ・オリベイラ 6.0
求められた攻撃面での決定的な仕事はできなかったが、安定したパス捌きと出足鋭い守備で奮闘
 
(→ファビオ・ヴィエイラ -)
 
6 グルイッチ 6.0
アンカーのポジションでリスク管理を徹底。球際の強さを生かしてフィルター役として存在感を示した
 
(→タレミ 7.0)
一矢報いる圧巻のバイシクルシュートを決めて勝利に貢献
 
8 ウリベ 6.0
初戦に比べてフィニッシュへの関与は限定的も、高い守備強度で中盤の争いを優位に運ばせた
 
25 オタビオ 6.0
再三中に絞る動きを見せて味方のボールホルダーをサポート。ただ、決定的な仕事はできなかった
 
FW
11 マレガ 6.0
前線からのハードワークと身体の強さを生かしたボールキープでチームをけん引
 
(→エヴァニウソン 5.5)
機動力を生かしたプレーを幾度か見せた
 
監督
セルジオ・コンセイソン 6.0
意地の勝利を挙げたが、反撃が遅かった。攻撃が手詰まりの中でなかなか思い切って動けず
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
タレミ(ポルト)
チームをベスト4進出に導くことはできなかったが、意地の勝利をもたらす圧巻のバイシクルシュートを決め切った。身体の強さを生かして両チーム通じて3本の枠内シュートの内の2本を短いプレータイムで放った。
 
チェルシー 0-1(AGG:2-1) ポルト
【ポルト】
タレミ(後49)