16日にトッテナム戦を控えるエバートンだが、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの欠場が確実となった。

キャルバート=ルーウィンは筋肉系の負傷で、12日に行われたプレミアリーグ第31節のブライトン戦を欠場していた。

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、トッテナム戦に向けた会見の場でキャルバート=ルーウィンを含む負傷者について言及。キャルバート=ルーウィンの復帰は来週のアーセナル戦になると明かした。

「ジョーダン・ピックフォード、ジョシュア・キング、アンドレ・ゴメスは金曜日の試合に出場できる。来週にはキャルバート=ルーウィン、ジェリー・ミナ、ベルナールが復帰できるだろう」

エバートンは第31節終了時点で1試合消化がなく勝ち点48の7位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ウェストハムとは勝ち点差7、ヨーロッパリーグ出場圏内の5位チェルシーとは勝ち点差6となっており、残り試合でシビアな戦いが待っている。