PSVは16日、トゥベンテのオランダ代表GKヨエル・ドロメル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までとなっている。

ドロメルはトゥベンテの下部組織出身で2015年9月にトップチームデビュー。2017-18シーズンの半ばから正GKに昇格し、トゥベンテではこれまで公式戦131試合に出場。今季ここまでエールディビジ全29試合に出場している。その活躍を受け、昨年11月にはオランダ代表に初めて招集されていた。

PSVでは現在、ライプツィヒから2022年6月までのレンタルで加入しているスイス代表GKイボン・ムボゴが正GKを務めており、ドロメルはムボゴとのポジション争いに挑むことになる。