韓国2部のKリーグ2で素晴らしいゴールが生まれた。

舞台となったのは17日に行われた第7節の安山グリナースvs富川FCの一戦。両者互角の戦いはゴールレスのまま70分を迎えると、安山が右サイドでFKを獲得する。

MFイ・サンミンがボールをセットし、ゴール前に安山の選手たちがポジションを構えるが、イ・サンミンは意表を突いてセンターサークル付近のMFミン・ジュンヨンへと横パスを出す。

フリーでボールを持ったミン・ジュンヨンは左足へ持ち替えてドリブルで少し持ち上がると、相手からのプレッシャーが来る前に、敵陣中央から左足を一閃。美しい放物線を描いたロングシュートは、ゴール右のサイドネットへと突き刺さった。

相手GKも見送ることしかできなかった見事な一撃は、Kリーグの公式ツイッターで公開されると、各国のサッカーメディアも韓国でのスーパーゴールと題して紹介。ファンからも「コリアン・ロケット」「バズーカ!!」「素晴らしいシュート」など、ミン・ジュンヨンへの称賛の声が相次いだ。

試合はそのまま安山が1-0で勝利。チームに勝ち点3をもたらす貴重な一発となった。