トッテナムは20日、今シーズン残りの暫定監督として、ライアン・メイソン氏(29)を任命したことを発表した。

同クラブは前日、モウリーニョ監督を電撃的に解任。今シーズンはここまでプレミアリーグで32試合を消化して7位と2季連続でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すシナリオが現実味を帯び、ヨーロッパリーグ(EL)もラウンド16で敗退していた。

25日にマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝戦が控えるこのタイミングでの解任には懐疑的な目が向けられていたが、その後任として指名されたのは、既報通りライアン・メイソン氏となった。

トッテナムの下部組織出身でもある同氏は、2018年2月に頭部の負傷を理由に26歳の若さで現役を引退。指導者転身を図るべく、同年4月から古巣トッテナムでアカデミーのサポートスタッフの1人として後輩たちの育成に携わってきた。2019年7月にはそのアカデミーのコーチに任命され、U-19チームを担当していた。

なお、アシスタントコーチには、メイソン氏同様に同クラブのアカデミーで若手の育成に携わっていたクリス・パウエル氏とナイジェル・ギブス氏が着任。また、GKコーチは、昨年10月に現役引退を発表した元オランダ代表のミシェル・フォルム氏が務めることになる。レドリー・キング氏は引き続きアシスタントしての役割を継続する。

ダニエル・レヴィ会長は「我々は才能ある選手たちを信じている。これからカップファイナルとプレミアリーグの6試合が控えているが、今はシーズンをしっかりと締めくくることに全力を注ぎたい」とコメントしている。