【明治安田生命J1リーグ第11節】
2021年4月24日(土)
14:00キックオフ
FC東京(15pt/8位) vs サガン鳥栖(20pt/3位)
[味の素スタジアム]

現在リーグ戦連敗中のFC東京と、堅守の名古屋を打ち破って勢いに乗りたい鳥栖の一戦。

◆連敗ストップへ【FC東京】

前節はアウェイでアビスパ福岡と対戦。後半にFWブルーノ・メンデスにゴールを奪われ、1-0で敗れた。前々節の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”での惨敗から連敗。思わぬ足踏みをしてしまっている。

しかし、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップの大分トリニータ戦では選手を入れ替えて臨み0-1で勝利。悪い流れを断ち切ったと言っても良いだろう。

ベンチには若手を並べたことで、主軸を休ませることもできた。リーグ戦連敗を止めるための準備はしっかりとできていると言える。

上位対決が続いた4月だが、2位の名古屋にはドロー、首位の川崎Fには敗戦と来ており、3位の鳥栖にはしっかりと勝ちたいところ。ピッチ内での連携をしっかりと高めて、押し込む時間をどれだけ作れるかが勝利へと繋がるだろう。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:児玉剛
DF:中村拓海、渡辺剛、岡崎慎、小川諒也
MF:三田啓貴、森重真人、東慶悟
FW:田川亨介、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン
監督:長谷川健太

◆堅守を打ち砕いた勢いを胸に【サガン鳥栖】

前節は今シーズン無敗、9試合連続無失点を記録していた名古屋グランパスと対戦し、アウェイの地で1-2で勝利を収め、ついに土をつけることに成功した。

互いに堅守が売りの両チームの激突となったが、立ち上がりに鳥栖が先制したことで試合を優位に進めることに。2トップの一角に入ったMF酒井宣福が攻撃のタメを作ることで、2列目の選手が生きるようになった。

チームとしてはポゼッションをしながらしっかりとゴールを奪い切ることができるか。その点でも、あの名古屋から2得点を決めたことは自信になっているだろう。

開幕からの無失点が途絶えた途端に3敗を喫し、積み上げたものが音を立てて崩れるかと思われたが踏みとどまった。上位争いに生き残るためにも、ここは勝たなくてはいけない重要な一戦。良い形を継続して勝ち点3を掴みたい。

★予想スタメン[3-4-1-2]
GK:朴一圭
DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉
MF:飯野七聖、:樋口雄太、松岡大起、小屋松知哉
MF仙頭啓矢
FW:林大地、酒井宣福
監督:金明輝