ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、自身の後任となったアーセナルのミケル・アルテタ監督を称えている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。

エメリ監督は、2018年5月にアーセナルの指揮官に就任。1年目はプレミアリーグで5位に入り、ヨーロッパリーグ(EL)では準優勝の成績を収めるなど一定の結果を残した。しかし、2年目は公式戦7試合連続未勝利に陥るなど思うような成績を残せず、2019年11月に解任されている。

そのエメリ監督の後任として指揮官の座に就いたアルテタ監督も、昨季はFAカップ優勝を飾り評価を高めたが、今季はプレミアリーグ33試合を消化した時点で10位に沈むなど低迷。批判は日増しに強まっている状態だ。

一方で、アーセナルはELでベスト4進出を果たしており、29日には奇しくも現在エメリ監督が率いるビジャレアルと対戦する予定になっている。

こうした古巣の現状について尋ねられたエメリ監督は、アルテタ監督の仕事ぶりを称賛。アーセナルとの相性の良さについても触れている。

「アーセナルのプレーを見れば、彼が『魅力的なフットボールをする』というアーセナルの伝統を復活させていることは一目瞭然だ」

「ジョゼップ・グアルディオラのアシスタントとしてコーチ業を始めたことは、彼が監督という新しい職業に就くのに役立ったと思う。そしてアーセナルでは、彼がチームで選手として過ごした時間のおかげで愛されている。だから、成長するには良い場所だ」

「彼はアーセン・ヴェンゲルと一緒にプレーしていた。きっとそこから学んだことすべてを生かせるだろう。彼とアーセナルはお互いにとって良い結婚になったと思う」

また、エメリ監督は対戦相手としてのアーセナルを警戒。高い力を持つ相手だとしつつ、ビジャレアルの監督として全力で戦いたいと語った。

「アーセナルは調子が良いときならトップチームさ。今シーズン、我々はそれを見てきただろう。だが、自分たちの形を見つけたときは、我々も同じくらいの力がある」

「自信、要求、相手への敬意という意味において、この準決勝は緊張感に満ちたものになるだろう。両チームとも突破するため最大限の努力をするだろうし、それがこの大会を素晴らしいものにしている」

「アーセナルへの気持ちは置いておく。私はイエローサブマリン(ビジャレアルの愛称)が優位に立てるよう、全力を尽くさなければならない」