RBライプツィヒがレッドブル・ザルツブルクに所属するザンビア代表FWパトソン・ダカ(22)の獲得に動く模様だ。ドイツ『キッカー』が報じている。

バイエルンにユリアン・ナーゲルスマン監督を引き抜かれたライプツィヒは、その後任として過去にクラブでコーチの経験もあるジェシー・マーシュ監督をザルツブルクから招へいすることになった。

ただ、来シーズンに向けては指揮官だけではなく、ザルツブルクのエースストライカーまで引き抜くことを画策しているようだ。

ライプツィヒはナーゲルスマン監督を引き抜いたバイエルンから支払われる総額2500万ユーロ(約33億円)と言われる違約金を元手に、ストライカーの獲得を今夏の優先事項にしているという。

そして、そのナンバーワンターゲットが、マーシュ監督と師弟関係にあるダカだという。

2017年にザルツブルク入りを果たしたダカは、圧倒的な身体能力と積極的なプレーという以前からの武器に加え、近年は課題の決定力やフィニッシュの局面での精度に磨きをかけている。

今シーズンここまでは公式戦37試合に出場し、31ゴール10アシストと圧巻のスタッツを残しており、今夏のタイミングでのステップアップが見込まれる逸材だ。

以前にはトッテナムやリバプールといったプレミアリーグ勢からの関心も伝えられていたが、恩師を追う形でライプツィヒ行きを選択するのか…。